35歳は節目なのか?

システムエンジニアは35歳が定年と考え、計画的に資格を取得すべし

おすすめ記事

特集

資格は計画的に取得

『キャリアに関わる資格とは』

資格は計画的に取得

基礎資格を取ろう

大手IT企業では「基本情報技術者」や「ソフトウェア開発技術者」といった基本レベルの資格は、入社3年以内に取得させる方針であるようです。3年も経つと後輩ができたり、早い人ではチームリーダーになっていることもあるでしょうが、他の技術者との会話がスムーズにいくために、また専門書やマニュアルがスムーズに理解できるためにも基礎的な資格を取得するのがベストだと考えられています。

次に狙うべき資格とは

基礎的な資格を取得することで、システムエンジニアとして他の技術者との競争ラインに立ったともいえます。これからはさらに専門性を高めるため、高度区分の資格を目指すべきでしょう。高度区分の資格は、論文形式になっており、更に難易度の高いものになっています。また試験対象も要件定義や設計など範囲が広がり合格率も低くなります。
システムエンジニアの経験を積むとプロジェクトマネージャーなどへのキャリアアップが視野に入ってきますが、より管理側の仕事において成果を出すためにはマネジメントスキルが必要になってきます。高度区分の資格の中でも「プロジェクトマネージャー」資格は30歳になる前に取得しておくとライバルに差をつけることができるでしょう。

専門性を高めるなら

35歳になるころには十分な経験もスキルも身についていると思います。これからもシステムエンジニアを続けようと考えるならより専門的な資格を取得しておけば安心ですし、いざ転職を考えたときにも有利になります。専門性が高い資格としては、「データベース」や「ネットワーク」があります。合格率は決して高くはありませんが、真剣に勉強すれば合格することができるでしょう。さらに、「アプリケーションエンジニア」などの資格があればいうことはありません。

効率的に資格をとるには

通信教育の「iTEC」は、情報処理技術者試験などの通信教育に定評のある会社です。

情報処理技術者の試験を成功させたい方はこちら
「iTEC」は、どんなレベルの人でも学習しやすいように、様々な学習方法を用意しています。

インターネットを利用したWEB学習コースやeラーニングはもちろんのこと、セミナーを受けることもでき、自己学習だけではカバーできないことも質問することができます。また、書籍も充実しており実力を試す問題集も豊富に取り揃えています。
会員向けサービスとして、ラーニアスというものがあり、試験勉強をよりスムーズ進めることができます。こちらでは過去の成績や理解度などが専用のシステム上で把握することができ、学習の進行状況やスケジュール管理も容易に行えます。
有料ではあるものこうしたサービスを活用することで無理なく効率的に資格を取得することができますので一度サイトを見てみてはいかがでしょうか。

こちらもオススメです