35歳は節目なのか?

システムエンジニアの35歳定年説があるとすれば、その理由は何か?

おすすめ記事

特集

継続できない理由

『なぜ35歳定年説が唱えられるのか』

継続できない理由

35歳定年説とは

プログラマやシステムエンジニアなどは、技術の進歩が著しく常に新しい技術を学んでいくことは年齢的に大変なこと、また想像以上に体力が必要な仕事であることなどから、この仕事は30~35歳くらいまでが限界であると業界内で言われるようになったことが「35歳定年説」のはじまりです。では、もっと具体的にこの説が唱えられる理由について考えてみましょう。

学習能力の限界

前述のとおり、IT業界では技術が日々進化しており、システムエンジニアも学習し続けていかないとついていけない仕事です。必ずしも経験の積み重ねが有利になる仕事ではないわけです。特に最近の開発では開発言語そのものよりもフレームワークやAPIなどを使いこなせるスキルが要求されます。10年前では考えられないことでした。

体力の限界

巷でよくいわれるように、IT業界は残業が多いものです。休日出勤も多々あり体力を回復させるのが間に合わなくなってきます。また、家族を持つようになると家族サービスに当てる時間も取れなくなるなど不都合が生じるようになります。そのような環境の中、年齢的にも環境的にも昼夜を問わず最前線で活躍し続けるのは難しくなってきます。

給与の限界

どの業界もそうであるようにシステムエンジニアも年功序列の給与体形であることが多いものです。プログラマやシステムエンジニアはそれほど人材コストをかけれるものではなく、年齢とともに上がった給与分をペイできるほどのパフォーマンスが出せないことから35歳位までが限界ではないかと考えられています。人によっては学習能力の限界を超え、天才的な稼ぎを生み出すこともできるでしょうが、それもほんの一握りです。また、そのような人材はさらに良い職場に移動するか自分で起業することが多いようです。
多くの人は、管理職の道を歩むこととなるでしょう。ずっと現役を続けたいと思っていてもこれらの限界がある限りそうは言っていられません。また、意外とエンジニアとして現役を続けたいと思う人もそう多くはないようです。それ相応のリスクを抱えて現役を続けるよりは管理職になるほうが様々な面でも得だからです。キャリアパスの面から見てもプロフェッショナルとしてキャリアを積んでいくのはまだ日本では一般的ではないことも理由の一つではないでしょうか。どんなに素晴らしいエンジニアでも一生現役でいることに不安を抱く人がほとんどです。

こちらもオススメです