35歳は節目なのか?

システムエンジニアのキャリアパスにはどのような種類があるのか

おすすめ記事

特集

キャリアパスの種類

『システムエンジニアのキャリアパスとは』

キャリアパスの種類

代表的なキャリアパス

これまでのシステムエンジニアにおける代表的なキャリアパスは、学校などでプログラミングを学びプログラマとして就職。それからシステムエンジニアになり、システム全体の設計から運用に携わり、経験を積んだうえでプロジェクトマネージャーとしてプロジェクトを仕切るというものでした。優秀な人は、それから独立してITコンサルタントになったり、会社経営に関わる人もいます。
このようなキャリアパスが業界としても一般的なため、給与もそれに比例しています。プログラマのままでいる人は給与も低く、ポジションとしても低く見られます。最近でも上流工程に携わるほど偉く、下流工程を見下す傾向は残りつつも、業界の構造や意識が大きく変わっており、それに伴ってシステムエンジニアのキャリアパスも変化しています。

システムエンジニアの需要

最近の景気回復やIT技術の進歩によって企業のIT投資が増えており、システムエンジニアの需要が高まっています。企業としてもいままでのようにシステムエンジニアを使い捨てることはできなくなり、また理系職離れなどの事情から人材不足となっています。IT企業が増えたこともあってか、最近のプロジェクトは、一社で完結するものは少なくなり、複数の企業でプロジェクトを組んで取り掛かるものが増えるようになりました。このようなマルチベンダー化によって益々需要は高まっていくものと考えられます。

新しいキャリアパス

従来のキャリアパスに加え、時代の流れとともに新しいシステムエンジニアのキャリアパスができつつあります。システムアドミニストレータは、ユーザ側に立ったシステムエンジニアといえるものです。
現代の複雑化したシステムを使いこなすにはユーザ企業にも広い知識が必要となっています。それを補う人材がシステムアドミニストレータです。ITコンサルタントは、開発をしたりプロジェクトを仕切るなどはしませんが、ベンダーの選定やユーザ企業側の相談役として広い意味でシステム開発に携わる人材です。ユーザ企業の経営状況や現場のことまで把握する必要があり、IT知識だけでなくより広範囲な知識や経験が必要となる仕事です。ITアーキテクトは、システム全体の設計を担う重要な仕事です。単なる実装ではなく様々なアーキテクチャに精通していなければならず、とても高度な仕事です。また、アーキテクトの手腕によってシステムの良し悪しが決まるほどの重要なポジションともいえます。
今までは、システムエンジニアとして大きなくくりとなっていたものも時代の変化によって細分化されてきています。将来のキャリアを描くうえでこうした新しいキャリアを知っておくことは大変重要なことです。

こちらもオススメです