35歳は節目なのか?

『開発の超スペシャリスト!チーフエンジニア』

おすすめ記事

特集

専門技術力を開発現場で活かす「チーフエンジニア」

『開発の超スペシャリスト!チーフエンジニア』

専門技術力を開発現場で活かす「チーフエンジニア」

チーフエンジニアとは

IT業界におけるチーフエンジニアは「開発技術責任者」とも呼ばれ、開発現場でエンジニアをまとめる役目を担っています。まとめ役ということで、マネジメント業に近いように思われがちですが、どちらかといえば現場で活かせる高い技術力が求められるポジションです。

仕事内容と必要なスキル

エンジニアの上級職であるチーフエンジニアは、開発現場の責任者としてエンジニアを取りまとめ、技術面での牽引やサポートを行うのがメイン業務です。上級職ではありますが、高い技術力をもとに自ら現場で手を動かすため、管理職というよりは超ハイスキルなエンジニアといったイメージだといえます。高い技術力で部下を引っ張っていくには、当然常に新しい情報の収集や最新技術の習得が必要です。そのため、アンテナを高くして情報を収集するスキルや専門技術力を向上させる自己研鑽の姿勢が大切でしょう。
また、マネジメント業はせずとも、周囲と上手く仕事を進めていくためのコミュニケーションスキルは必要です。特にハイスキルなエンジニアを目指している若手からは、なにかと頼られることも多いでしょう。技術面において牽引しつつ、共に仕事をしていくには、周囲と良好な関係性を作れる人間性が求められます。

チーフエンジニアを目指すメリット

現在、ITエンジニアとして活躍している人でも、いわゆる「35歳定年説」を危惧している人は多いと思われます。その打開策のひとつとして、チーフエンジニアへのキャリアアップを視野に入れるのは、非常に得策かもしれません。
一般的な上級職や管理職は、部下やプロジェクトに対するマネジメント業務を求められますが、それを不得手とする人もいます。しかし、チーフエンジニアは、マネジメント業務を重んじるポジションではありません。そのため、現場で開発に打ち込んでいたいというタイプの方にとっては大きなメリット感のあるポジションだといえるでしょう。エンジニアとしてのキャリアを、しっかりと積み重ねていける未来がある役職です。
ただ注意点として、各種ポジションの職種名や業務内容は、企業によって多少異なりがあることを認識しておきましょう。チーフエンジニアとして、現場の第一線での活躍を求められる場合もあれば、マネジメント業を兼ねるという企業もあるかもしれません。その点は確認が必要ですし、もしマネジメントが必要であったとしても自分を成長させる機会だと捉えてみるのもいいでしょう。

こちらもオススメです