35歳は節目なのか?

システムエンジニアのキャリアパスといえば「プロジェクトマネージャー」

おすすめ記事

特集

チームを統率する「プロジェクトマネージャー」

『開発プロジェクトの成否をにぎるプロジェクトマネージャー』

チームを統率する「プロジェクトマネージャー」

プロジェクトマネージャーとは

その名の通り、開発プロジェクトを管理するポジションです。開発予算、メンバー、スケジュールなどの開発にかかるリソースを全て細かく管理し、プロジェクトチームをまとめあげて開発を納期通りに終わらせるという役割を持ちます。プロジェクトが炎上したり、デスマーチになったり、頓挫したりするのは、プロジェクトマネージャーの手腕によるところも大きく、まさに開発の成否をにぎる重要なポジションです。、クライアントサイドや他部門との調整・交渉役も担うため、高いコミュニケーション能力が要求される仕事です。

仕事の流れ

開発プロジェクト全体を管理するプロジェクトマネージャーの仕事内容をプロジェクト進行のタイミングを軸に紹介します。

1.開発スタート前
企画担当を含むクライアントサイドとの打合せにより、開発目的や予算、納期などの概要を確認し、調整交渉を担当します。先方の要望をしっかりと聞き出し、実現に要する予算や期間を詰める段階です。

2.開発計画立案~プロジェクト編成
1で詰めた内容を実際に開発計画として落とし込みます。開発計画には、開発フェーズごとに必要となる期間と人員を割り当て、必要となる開発環境も全て算出します。開発開始から完了までの流れが頭の中で描けなければ開発計画は策定できません。さらに、どんなプロジェクトでも何のトラブルもなく計画通りに進むことはまずありませんので、想定されるトラブルや計画変更などもあらかじめ念頭に入れて計画を立てる必要があります。この計画をもとに最終的な予算と納期と開発内容が確定します。ここに致命的な漏れや計算違いがあれば、プロジェクトは確実に難航、最悪の場合は頓挫します。 最終確定した開発計画に基づき、開発環境および人員を整えてプロジェクトを編成し、ようやく開発がスタートします。

3.プロジェクト管理
開発がスタートしたら、開発計画に沿ってプロジェクトの進捗を開発完了まで管理します。プロジェクトマネージャーはトラブルが起きればすぐに解決策を考えて実施しなければならないため、起こりうるトラブルを想定し、それに対する対応策や回避策も事前に考えておくことも大切です。経験値が高いほど、臨機応変かつ迅速な対応ができるようになっていくでしょう。先手、先手でプロジェクトを無事に納期通りに完遂に導きます。

4.開発完了後
開発終了後は、プロジェクトのレビューを実施して問題点や反省点、評価などをまとめます。

必要なスキルと能力

プロジェクトマネージャーとして仕事をこなすには、開発に関わる技術的知識やスキル、開発経験が不可欠です。さらに、プロジェクトメンバーをまとめあげ、関連する多方面との折衝交渉をこなさなければならないため、高いコミュニケーション能力とリーダーシップが求められる仕事です。プログラマやシステムエンジニアからのプロジェクトリーダーを経てプロジェクトマネージャーへキャリアアップするケースが一般的です。

プロジェクトマネージャーの転職相談

プロジェクトマネージャーとして転職を考えるなら、「Callingood」がオススメです。

プロジェクトマネージャーの転職を成功させたい方はこちら
「Callingood」では、プロジェクトマネージャーの分野に強い転職エージェントを複数抱えているため、キャリア相談で的確なアドバイスがもらえますよ。

こちらもオススメです