35歳は節目なのか?

システムエンジニアの定年が35歳なら早めにキャリアパスを考えるべし

おすすめ記事

特集

35歳からのキャリアに備えよう

体力的にも精神的にも若い頃のような無理がきかなくなり、それでもまだ現場仕事を続けることを想像してみてください。30代ならまだしも、40歳、50歳・・・と、考えれば、このままではマズイなという実感がわくのではないかと思います。40歳になってから行動を起こすよりも、35歳、30歳で行動を起こすほうが有利であることは理解に難くありません。黙って仕事をしていれば年齢に応じて管理職ポストへ移れるような時代ではありません。将来の理想像を描き、実現のための手を打つこと、つまりキャリアパスを考えることが大切です。

35歳からのキャリアに備えよう

35歳からのキャリアに備えよう

プログラマ、システムエンジニアからのキャリアパスとして代表的なポジションがプロジェクトマネージャーです。キャリアアップで管理職などになれば開発現場から離れてしまいますが、あくまでも開発現場に関わり続けたいというエンジニアからも人気の高い職業です。プロジェクトマネージャーは開発プロジェクトを納期通りに完遂させるという重責を担っています。開発経験や知識をフルに発揮して、プロジェクトチームをまとめあげ、成功に導きます。

チームを統率する「プロジェクトマネージャー」

35歳定年説がささやかれるシステムエンジニアからのキャリアアップを考える上で、開発現場にこだわるか否かは重要なポイントとなります。ものづくりがとにかく好きで開発に携わっていたいのか、もしくはITの専門知識を活かして課題解決案を企画する方が好きなのかということです。後者であれば、クライアントサイドにたってITコンサルタントとして活躍する道を検討してみるのも良いでしょう。ITコンサルタントとして活躍するには、ITに関する幅広い知識と経験が必要な上に経営的思考能力も求められるため、より多くの勉強が必要です。

解決策を提案する「ITコンサルタント」

ITアーキテクトのアーキテクトとは、建築家や建築士を意味する言葉であり、ITシステムにおける全体の設計を担う職種です。仕事内容は多岐にわたり、それぞれ高い知識と技術が必要になります。最近は企業のIT投資が増えており限りあるリソースを効果的に投下するため、こうした高度な知識を要するITアーキテクトの需要が高まっています。また、技術革新の早いIT業界において企業が求めるシステムを安全かつ正確に、必要最低限の費用で提供していく責任があります。

企業レベルで設計する「ITアーキテクト」

こちらもオススメです