35歳は節目なのか?

システムエンジニアとして一流を目指したい学生におすすめの記事

おすすめ記事

特集

一流を目指したい学生へ

今もっとも勢いがある業界といえばやはりIT業界で、成長性も十分です。ITエンジニアを目指す学生も少なくありません。卒業後はIT業界で一流のエンジニアを目指したいと思っている学生におすすめの情報を紹介します。このサイトのタイトルそのままですが、プログラマやシステムエンジニアは35歳が定年と言われています。35歳定年といっても会社を首になるわけではありませんが、キャリアのターニングポイントになることは確かです。IT業界で将来的にどのようなキャリアを目指すのかは、会社が考えてくれることではなく、自分で決めるしかありません。

一流を目指したい学生へ

一流を目指したい学生へ

これから就職活動を控えている学生にとって、社会人になった後のキャリアパスのことまで考えるというのは少々酷かもしれません。ただ、今すぐに具体的なことが想像できないとしても、知識として持っておいて損はありません。特にIT業界で一流を目指したいと考えるならば、35歳定年説をふまえ、将来の理想像を描いておいたほうが良いでしょう。終身雇用制度が崩壊した現代は、会社に入れば後は65歳定年まで何とかなるような時代ではありません。

将来は自分で決める

IT業界に就職して一流を目指そうとする学生は将来的なキャリアを見据えながら計画的に資格を取得していくことをおすすめします。エンジニアという仕事をするうえで必ずしも資格は必要ではありませんが、キャリアアップを実現していくためには大変有利な武器となります。IT関連の資格は国家資格から民間資格まで実に多種多様なものがありますが、その中から自身の思い描くキャリアパスに適した資格を厳選し、レベルに合わせて着実に取得していくと良いでしょう。

資格は計画的に取得

ITエンジニアの仕事は、開発の初期段階に参画する上流工程職種と、下流工程職種に分類することができ、上流工程にいくほど難易度も収入も高くなっていきます。通常エンジニアとしての最初の一歩はプログラマからスタートすることが多く、そこからシステムエンジニア、プロジェクトマネージャーと上流工程へキャリアアップしていきます。そんな中で最も上流と言ってよい職種がここで紹介するITアーキテクトです。一流を目指すなら目標にしたいキャリアです。

企業レベルで設計する「ITアーキテクト」

こちらもオススメです