35歳は節目なのか?

35歳定年説を踏まえ、技術がある中堅エンジニアはフリーランスも検討の価値あり

おすすめ記事

特集

技術に自信のある中堅エンジニアへ

経験も豊富で技術力には自信があるという中堅エンジニアが考えるべきキャリアパスについて紹介します。中堅といえば35歳定年間近、もしくはすでにその年代に差し掛かっている頃かと思います。中堅になればなるほどサラリーマンのままではスキルに見合う報酬が得られないことも多くなり、技術力だけでは超えられない壁に焦燥感をおぼえている人もいるのではないでしょうか。技術力に自信があるのであれば、働き方ごと見直して、フリーランスとして独立するという選択肢も検討する価値が十分にあります。

技術に自信のある中堅エンジニアへ

技術に自信のある中堅エンジニアへ

技術力だけではなく、経験やノウハウも十分にある中堅エンジニアにおすすめしたいキャリアパスのひとつが「ITコンサルタント」です。ユーザー側に立ち、課題を発見し解決策を提案するITコンサルタントの仕事は、机上の知識だけではなかなか通用しない、ハイレベルな仕事です。さらにIT技術のみならずビジネス知識・経営的思考も必要となるため、まさに中堅以降にうってつけのポジションとなります。これまでに培った開発現場でのノウハウを存分に発揮しながら、高額収入を得ることができます。

解決策を提案する「ITコンサルタント」

終身雇用が崩壊し、年功序列も時代遅れとなりつつあります。とは言え、日本の経済社会ではまだまだ完全実力主義にはなりえていません。IT業界も同様です。経験を積んで技術を磨いても、それに見合うだけの昇給が見込める企業は少ないのが現実ではないでしょうか。中堅エンジニアの壁はまさにそこにあり、技術力が高いほど不満を感じる傾向にあります。その場合はフリーランスとしての独立を検討することをおすすめします。フリーランスになれば案件も報酬も実力次第です。

独立して自由を手に入れる

スキルレベルの高い中堅エンジニアであれば、フリーランスになっても高単価な案件を獲得できます。しかし、フリーランスは個人事業主ですから、会社員とは何もかもが異なります。自由が手に入るかわりに、責任やリスクを全て自分で背負うことになるのです。フリーランスエンジニアが抱えることになる代表的なリスクを紹介します。独立後は、これらのリスクを徹底的に管理することで本業に集中できる環境を自らつくりだす必要があります。

リスク管理で業務に集中

こちらもオススメです