35歳は節目なのか?

35歳定年説は本当か?システムエンジニアのキャリアパスを考える

おすすめ記事

特集

システムエンジニアの35歳定年説を考察

「35歳定年説」がまことしやかにささやかれる、システムエンジニアという仕事。IT業界で働くエンジニアであれば、誰もが一度は耳にしたことがあるでしょう。にも関わらず、どういうわけか自分自身のキャリアパスについては悠長に捉えているシステムエンジニアも少なくありません。このサイトではシステムエンジニアの35歳定年説について考察すると共に、キャリア形成に役立つ情報を紹介します。

システムエンジニアに定年はあるのか

システムエンジニアに定年はあるのか

IT業界で働くエンジニアなら聞いたことがあるでしょう。ここでは、システムエンジニアの定年について考察していきます。なぜ35歳で定年と言われるのか。それ以降はどうすれば良いのか。などなど。IT業界で働いているなら知っておかなければならない情報ですよ。

システムエンジニアに定年はあるのか

35歳からのキャリアに備えよう

35歳からのキャリアに備えよう

35歳で定年と言われるシステムエンジニアは、その時になってからキャリアを考え始めても遅すぎます。20代のうちから35歳以降のキャリアを考え、なおかつ実行に移していかなければなりません。今一度自分のキャリアをしっかりと考えてみましょう。

35歳からのキャリアに備えよう

フリーランスも視野に入れよう

フリーランスも視野に入れよう

システムエンジニアとしてどのようなキャリアに進むかはとても重要ですが、どのような働き方をするかもとても重要となります。一般的な営業や事務職では難しいですが、システムエンジニアはフリーランスという働き方も可能です。大変なことは多々ありますが、それだけ価値のある働き方です。

フリーランスも視野に入れよう

一流を目指したい学生へ

一流を目指したい学生へ

このカテゴリでは、IT業界を志望し、なおかつ超一流まで登りつめたいという野心のある学生の方向けに様々な角度から役に立つ情報をご紹介しています。学生の頃からキャリアを思い描くことで成長スピードも変わってきます。

一流を目指したい学生へ

将来を考える20代プログラマへ

将来を考える20代プログラマへ

現在20代でプログラマとして働いている方は、まずシステムエンジニアになることが目標になるかとは思いますが、そのシステムエンジニアになったとしてもずっとそのままではいられません。次のステップとしてプロジェクトマネージャーも視野に入れて働きましょう。

将来を考える20代プログラマへ

技術に自信のある中堅エンジニアへ

技術に自信のある中堅エンジニアへ

技術力のあるシステムエンジニアの方はITコンサルタントを検討してみてはいかがでしょうか。IT以外にも経営の知識が必要になりますが、その分やりがいは十分です。また、フリーランスになって技術力を存分にアピール、活用していくという選択肢もあります。

技術に自信のある中堅エンジニアへ

こちらもオススメです